知っておくべき注文住宅の支払い方法とは

しっかりと家族と話し合い、理想の注文住宅を建てる計画ができました。工務店や施工業者ともしっかりと話をつめて、遂に契約書にサイン。
ここから大切になってくるのが、支払い方法です。

注文住宅などを購入する際には、いくつかの支払い方法があります。
その中で、絶対にありえないのが契約時の一括払いや契約時に代金の8割を支払うといったような条件です。一般的に注文住宅の購入に関わる料金の支払いは出来高制といわれていて、
契約時10%、着工時30%、上棟時30%、引渡し時30%というような分割での支払いになります。
もちろん、これだけでも金額が非常に高いので、銀行などの住宅ローンを使用する人がほとんどですが、知っておくべきポイントは、契約時の一括払いや8割の金額の先払いというような支払い方法は、あり得ないということです。そういった支払方法や支払時期を含めて、購入代金の支払い方法にはしっかりと注目するべきだと言えるでしょう。

一般的な支払い方法を知らないと騙される原因となってしまう恐れがありますので、高い注文住宅の購入やリフォーム工事を依頼する時には必ず、事前に支払い方法を確認しておきましょう。

奈良県で注文住宅やリフォームをお考えの方は、まずは実績豊富な堀内工務店までお問い合わせ下さい。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop