注文住宅の建設にまつわる失敗談!

今回は、実際に他社で注文住宅を建てた経験のある方の声を集めてみました。

注文住宅を建てた方々の失敗談、どこを失敗してしまったのかをランキングにしてみたいと思います。これから、注文住宅を建てようと計画している方は参考になることがあると思いますので是非ご覧下さい。

理想の間取りで注文住宅を建てたが、ここに失敗したという意見を見てみると、

第1位は、収納の作り方で失敗したという意見が圧倒的に多いです。

注文住宅が完成し、実際に生活を始めるとモノが入らない、出し入れしにくい、片付けにくい住宅だったことに気付くなど収納の作りで失敗した方が多いようです。

収納できるものや量を考え十分な広さをとるだけではなく、収納内部の作りや収納の場所も非常に大事になってきます。要は、ものを出す、使う、しまうシーンをしっかりと考えて収納を作ることが大切になるのです。

次に多く挙げられる失敗談は、

部屋の広さです。広すぎても後悔し、狭すぎて不便などバランスが非常に大切になってきます。住まいという限られた面積では、スペースの配分がとても大切なカギとなります。それぞれの部屋の広さをしっかりととるには、まずはしっかりとした優先順位づけを明確に行うことがポイントになります。

今回は、注文住宅の建築についての失敗談の上位1位、2位の紹介でした!

奈良県で注文住宅の建築やリフォームをお考えの方は、まずはお気軽に堀内工務店までお問い合わせください。工務店の良さを活かした住まいづくりをサポートいたします。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop