注文住宅を建てる際は、しっかりとした資金計画を立てる事が大切

これから注文住宅を建てよう計画し、家族としっかりと話し合い、理想のマイホームのイメージができてきたところで、
次の手順に入っていきます。

それは、注文住宅を建てるための資金計画を立てて予算を決めることです。
家や土地の購入価格の予算を決定するためには、資金計画を立てる事がなによりも大事です。せっかく理想どおりの注文住宅を建てても、そのせいで日々の生活が苦しくなれば、全く意味がありません。
せっかく注文住宅を手に入れても、生活ができなくなれば元の子もありませんよね。そこで、しっかりとした資金プランを考えることで、無理のない住宅ローンの返済計画を立てることができます。

目安ではありますが、注文住宅の購入価格は、年収の6~7倍が一つの目安といわれています。住宅ローンとして借り入れられる金額や月々の返済を考えると、年収の6~7倍の金額が限度なのです。
ですから、自分の年収や家族と合わせた年収から資金プランを考えることが非常に大切なのです。無理のない返済計画を立ててから、注文住宅の予算を決めていきましょう。

ここで重要なことは、家を建てる予算は、既に土地を所有しているのか、現時点では土地を所有していないのかで変わってきます。土地を所有していない方に関しては、土地の購入代金も予算に入れこまなければならないので、土地の代金も頭に入れて資金計画を立てるようにしてください。

奈良県で注文住宅やリフォームをお考えの方は、まずは堀内工務店までお問い合わせください。
奈良生まれの堀内工務店は、お客様のご予算にあった奈良県での土地探しもしっかりとサポートさせていただきます。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop