工務店への工事依頼でグレードアップするとよくなる設備とは?

予算に余裕ができたら設備のグレードアップを考えてみませんか?
低価格で施工できる工務店への注文住宅の施工依頼では、予算に余裕が出ることがあります。
施主と工務店のお互いの努力の賜物といってもいいかもしれませんが、せっかくなら標準設備をワンランクグレードアップしてみませんか?
今回は、標準仕様からグレードアップしてよかったといわれる設備についてご紹介します。
一つ目は給湯器をエコキュートに変更することです。
エコキュートは、ヒートポンプを使った電気給湯器です。省エネ仕様で電気代を削減できますし、タンク内の水も非常用水として使えます。数万円のコストアップで快適でエコな暮らしが実現します。
吹き抜けがある注文住宅は、電動式のシェードに変更しましょう。高い位置に窓がありますので、手動よりも電動がおすすめです。こちらも数万円のコストアップで設置可能です。
そして、IHクッキングヒーターは、焼き網のグリルではなく、新グリル皿を採用したパナソニックの「遠赤ラクッキングリル」がおすすめです。消費電力を抑えた省エネのグリルで、低温調理もでき、使用後のおそうじも楽々です。標準仕様から価格は上がってしまいますが、お料理やお片付けもスピーディで手間もかからず、毎日の家事の負担を大幅に減らしてくれる効果の高い設備です。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop