断熱にもこだわりたい工務店で建てるマイホーム

断熱材にもこだわることができる工務店の注文住宅
住宅の断熱方法には、従来から行われている柱や筋交いの間などに断熱材を入れる「内断熱工法」と建物全体を断熱材で覆う「外断熱工法」の2種類の施工法があります。
断熱材の役割は、繊維や発泡樹脂を使って空気を固定することで、熱を伝えにくくすることです。空気層が固定されて動かないので、外気温から建物内への熱伝導率を低くすることができます。
断熱材により、冬だけではなく夏も暑い空気の侵入を防ぐことができますので、年中過ごしやすい室内環境を維持することができます。
断熱材に使われる素材も内断熱と外断熱では全く異なります。外断熱に使われるのは、プラスチック系の素材です。
内断熱は、ロックウールやグラスウールなどの繊維系、羊毛やセルローズファイバーなどの天然素材系などの断熱材がよく使用されています。
内断熱は、施工もしやすく価格も安くなっています。施工時も屋根の形状に左右されることがありません。内断熱は、98%以上の住宅で採用されている工法です。
デメリットは、結露に注意する必要があることです。
外断熱は、結露しにくい施工法です。防湿や気密工事が簡単で、壁内部の配管や配線工事がしやすくなっています。
一般住宅では、外断熱のほうがいいという業者もありますが、結露対策を施した断熱材も登場していますので、内断熱と外断熱の両者にはそれほどの差はないと考えていただいていいでしょう。実際に注文住宅を建築するさいは、お住まいの地域の気候なども考慮し、工務店などの施工会社と相談しながら選択することをおすすめします。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop