工務店の注文住宅の安さの秘密を調べてみよう!

工務店が建てるとやっぱり安くなる注文住宅
注文住宅を発注するときは、大手のブランドや安心感を選ぶ方が多くなっていますが、やっぱり地域密着の工務店が建てた注文住宅も高い人気があります。
奈良でも当社を含めて、工務店が施工する注文住宅を選ぶ方が多くなっています。
同じような注文住宅でも、大手ハウスメーカーよりも工務店が建てた家のほうが値段は安くなります。
その理由として、大手ハウスメーカーは、多数の支店やモデルハウスを全国に設置し、自前の資材の研究施設や生産工場を保有しています。
さらに、営業マンをたくさん雇い、テレビCMや雑誌、チラシなどで大々的な広告宣伝活動を行っています。株式上場企業になると、売上に対する必要経費も莫大な金額になります。
その分、資材の大量一括購入や建築工法をできる限り共通化するなど、コスト削減を徹底して実施しています。
ところが、実際の施工は、下請け企業や孫請けの業者が担当しています。下請けには外注費用を支払っていますので、直接施工している工務店のほうが圧倒的に建築費用が安くなることはすぐにわかります。
工務店は、日本中にありますが、小規模なものが多く、年間20棟ほどしか施工を請け負っていません。
地域密着型の営業にしており、宣伝費もあまりかかりません。使用する資材は、大手ハウスメーカーと変わらない品質のものを使用しています。
こうした理由から、工務店に直接、注文住宅の建築を依頼すると、たいていは大手ハウスメーカーよりも低価格で高品質の家を建ててくれるようになっています。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop