奈良で注文住宅を建てるならどの業態?

注文住宅は、工務店の他、ハウスメーカー、ビルダーなどでも施工可能です!
奈良県や奈良市などに移住を考えておられる方も多く、特に注文住宅を建てたいと考えている方は、どの業態に依頼すればいいかにお悩みではないでしょうか。
奈良県に限っていえば、ハウスメーカーと工務店がそれぞれ約4割のシェアがありトップを分け合っています。ハウスメーカーの内訳を詳しくみると、プレハブメーカーが約24%、木造メーカーが約17%です。
結果として、注文住宅を建てるときに選ばれる施工会社は、「工務店」になっています。
一つの工務店の年間施工棟数は、それほど多くはありませんが、それぞれの地域には地域密着の工務店がたくさんあります。地域にそった理想のお住まいを考えている方には、必ずといっていいほど工務店を選ぶケースが多くなっています。
地域密着の工務店ならではの、その土地に対する知識や施工するうえで気をつける点を把握しているものだからです。
ハウスメーカーは、全国展開している資本力のある大手企業のことです。安定した経営、建築の品質も一定に保たれており、アフターフォローや大手ならではの安心感、長期保証などをトータルで考えるなら検討してもいいでしょう。
他には、工務店よりも規模が大きく、営業や工事担当などが区分され組織化された「ビルダー」も存在します。
しかし、奈良で注文住宅を建てる場合は、ビルダーよりも地元の工務店を選ぶ方が多くなっています。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop