工務店で注文住宅を依頼するメリット・デメリット

注文住宅などの家づくりを工務店に依頼する前に知っておくべきメリット・デメリットを簡潔に!
その地域で営業している工務店にとって、顧客との信頼づくりは最も大切なことです。
注文住宅の施工実績が豊富な工務店は、施工後のメンテナンスもきっちりとしており、顧客との信頼関係をとても大切にしています。
対応がとても親切で、最初の打ち合わせから家の引き渡し、アフターサービスなども一人の担当者が丁寧に対応してくれます。
構造や工法、仕様などにはこだわりを持っている工務店が多く、家づくりに関しては制約がないので、希望通りの家づくりができる可能性が高いと考えられます。
広告宣伝費や販促費用は抑え目ですので、大手ハウスメーカーに比べると、手頃な価格で理想のお住まいが手に入りやすくなっています。
次は、工務店を利用する際のデメリットです。
工務店は、大手ハウスメーカーのように、資金力や規模の面ではかなり見劣りします。
税制や資金計画などに関しては、手薄な面があるかもしれません。
大手ハウスメーカーのような長期保証が受けられない場合があります。
派手な展示場やショールームもありません。
すでに建てられた家そのものが、家の展示場の代わりをしているといってもいいでしょう。
最新の設備や流行のデザインに関する知識や提案力は、大手企業には劣ることがあります。
施工技術は、工務店によりレベルがまちまちです。口コミや紹介などで腕のよい大工や職人のいる工務店を探してみましょう。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop