マイホームを2階建てから3階建てする増築リフォーム

増築リフォームで3階建て住宅にしたい!
2階建てのお住まいを、3階建てにするリフォーム工事もよく行われています。
2世帯住宅への変更、子ども部屋や寝室が欲しい、もう1部屋増やしたい、という場合に、3階部分の増築を検討する方も多いのではないでしょうか。新築住宅の3階建ては増えていますが、リフォームで2階建てから3階建てに増築することも、条件さえ満たせば可能です。
しかし、3階建てになると、その分の重量が増えます。それに耐えられる強度が建物やその基礎、地盤に必要とされます。
さらに法律上の問題もクリアしなければなりません。住宅の高さ制限がある地域、例えば、「第一種低層住居専用地域」または「第二種低層住居専用地域」に指定されているのであれば、3階建ての建物を建てることは難しくなっています。
もう一つは、「日影規制」です。近隣住宅の日照に影響を与えることが考えられるなら、今の高さよりも高い建物が建てられないケースもあります。
住宅団地などの戸建て住宅が建ち並んでいる地域では、2階建て住宅ばかりの地域に一つだけ背の高い3階建て住宅を建てることは、近隣住民とのトラブルになることがよくあるようです。日照問題も含めて、近隣住宅や景観にも配慮した3階建て住宅を建てる必要があるでしょう。
そのままの高さで3階部分を造ろうと思えば、ロフトや屋根裏部屋の設置がおすすめです。増築ではなく造作であれば、建築基準法による建築確認が不要になることもあるようです。ご不明な点は地元での施行実績のある工務店にお尋ねください。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop