奈良県でも必要!耐震補強リフォームいろいろ

大地震の発生に備えて古い建物は耐震補強リフォームをしましょう!
築年数のわからない古い建物や最新の耐震基準を満たしていない建物は、大地震の発生時には倒壊の恐れがあります。
見た目は丈夫な建物でも、頻繁に地震が発生するような地域では、建物の強度が少しずつ弱ってきている可能性もあります。築年数や地震の発生頻度を考慮して、耐震補強リフォームを実施することをおすすめします。
主な耐震補強リフォームの工事内容についてお伝えします。
室内であれば、壁を横からの力を支えられる耐力壁にする補強工事が実施されます。地震だけではなく、台風の横風による力も考えられますので、バランスのよい耐力壁の設置が必要です。
基礎部分の補強や防湿・防蟻処理も重要です。それにより、土台の腐食やシロアリの発生を防ぎます。
金属製の耐震用金具を柱や筋交いの端部に取り付ける耐震補強リフォームも一般的です。工務店が使用する強度の高い補強金具を使うことで耐震性が高まります。
屋根の軽量化により耐震性を高める耐震補強リフォームもあります。重い瓦屋根から軽量で強度の高い金属製の屋根に変えるだけでも耐震性能を高めることができます。
こうした各種耐震補強リフォームを組み合わせれば、古い建物であっても大地震発生時に十分に耐えることができるでしょう。
少しでもお住まいの耐震性に不安があれば、耐震補強リフォームの施行実績がある工務店に相談してみましょう。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop