リフォームパックで工事するときの注意点

コミコミ価格がわかりやすいリフォームパック!
偶然チラシで見たリフォームパックが安いからと、思わずリフォーム内容を確認してしまう方も多いでしょう。
工事費込み○○円など、コミコミ価格・パッケージ料金で表示されていますので、リフォーム工事の総額がすぐにわかり、予算内なら一度問い合わせて話しを聞いてみようと思ってしまいます。
「安い!」という印象を受けますが、申し込む前にいくつかの事項をきちんと確認しましょう。その確認事項をクリアした上で妥当な価格と工事内容であれば、その工務店に工事を依頼しても問題ないでしょう。
しかしパック商品は、材料費を切り詰めており、設備を自由に選べないことが多く、施行業者が指定する設備と施工内容でしか工事ができません。その代わり、打ち合わせや見積もりなどの手間も不要となり、時間やコストも削減できます。
パック料金に含まれる施工内容とオプションとなる別途工事では料金が別に請求されます。ここまではパック料金内で工事ができ、オプション工事は別途料金が請求されることをきちんと説明できる工務店なら安心です。
また、相場料金を無視した低価格のリフォームパックは、どこかに手抜き箇所があったり、設備や建材のグレードが低かったりします。
チラシなどでほどほどの安さで工事を行うリフォームパックを見つけたら、他のリフォーム業者や地元の工務店で同じようなリフォーム工事を選び、使用する設備と施行内容を比較検討するところから始めてみましょう。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop