防カビ・結露対策リフォーム

カビの発生が多いお住まいには防カビ・結露対策リフォームを!
気密性の高いマンションの室内は、結露の発生が繰り返され、いつの間にか壁などにびっしりとカビが張り付いていることがあります。
外気と室内の温度差が激しい場所は、結露による水滴が発生しやすいので、カビも発生しやすくなっています。
天井や壁などの壁紙やカーペットを張り替えても、再度カビが発生する場合があります。
このような場合は、防カビリフォームをおすすめしています。
屋内で発生するカビには、黒カビや青カビがあります。カビは、喘息、アレルギー性鼻炎、アトピーなどの原因にもなり、ダニのえさにもなるためダニが繁殖してしまいます。健康被害に発展する前に防カビ・結露対策リフォームを実施しましょう。
主なリフォーム内容としては、二重窓の設置、床下換気扇の設置、カーペットからフローリングへの貼り替え、結露が発生しないセルロースファイバー断熱施工、漆喰塗り壁施工、押入れやクローゼットには調湿建材施行、ルームドライヤーや浴室乾燥機の設置などのです。カビの発生原因を突き止め、それを防ぐために必要なリフォームを行うことが重要です。
セルロースファイバー断熱を家全体で施行するとなると費用が50~80万円近くかかりますが、その他のリフォームでは、数万円~20万円程度に収めることも可能です。
カビや結露が気になりだしたら、一度 工務店にご相談されることをおすすめします。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop