賃貸物件もマメなリフォームが必要です!

築年数が経過すると必ず必要な賃貸物件のリフォーム
築年数が経過すると、丈夫な鉄筋コンクリート造のマンションであっても、設備や内装などが次第に劣化し、破損したり、使えなくなったりします。設備は古くなると、規格が異なることもあり、修理の頻度が上がり、その費用も増えていきます。
内装の変更、クロス、ドアや窓などの交換、水回りの変更なども賃貸物件には有効なリフォーム箇所です。
古くなった建物の縁の下は、防腐防虫処理、断熱防音対策が必要です。耐震基準も新しくなっていますので、強度をあげるためにも耐震工事を実施したほうがいいでしょう。
建物は、鉄筋のマンションなら築47年、木造の一戸建てなら築22年程度で価値がゼロになります。
賃貸物件は、入居者の退去時に原状回復義務があります。クロスや設備、床などの交換工事も行われます。
賃貸物件で人気のリフォームは、浴室のリフォームです。追い炊き機能や、広々とした浴槽への交換、冷暖房設備の設置など、バスタイムを快適で癒しの時間にする工夫をすれば、入居者にも喜ばれます。
そして、次にキッチンやトイレのリフォームが続きます。
狭いキッチンやトイレを広くしたり、システムキッチンや温水洗浄便座にしたりすると入居者にも喜ばれます。
他には、システム収納や壁紙の張替えなどが人気のリフォームとなっています。
信頼できる地元の工務店でリフォームすることで、入居者に選ばれる物件にしましょう。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop