セカンドバスルームに人気のシャワールーム

介護や空間の有効活用にシャワールームの人気が出ています!
シャワールームは、海外ではよく見られる浴槽のないバスルームですが、今では日本でもセカンドバスルームとして設置する事例が増えてきています。
限られたスペースでも設置でき、ご家族が増えても、汚れものを洗うときにも、お湯を張る必要のないシャワールームは手軽に利用できるというメリットがあります。
狭いシャワールームは真冬でも温まりやすく、介護にも使用しやすくなっています。
お湯を張る必要がないので、湯垢がつきません。毎日シャワーを使っていても、使用後のお手入れはとても簡単です。
しっかりとした防水対策を施し、省エネタイプのシャワーや収納棚をつけると、使い勝手もよくなります。
シャワールームの設置工事では、在来工法とユニット工法がありますが、在来工法は、値段が高くなり50~250万円もかかりますが、広いスペースが取れ、豪華で他にはないデザインが可能です。
ユニット工法なら、工事費用も25~60万円とかなり安くなり、工期も短くなります。
時間のないときや夏の暑い時期はシャワールーム、冬の時期はバスルームの湯舟にゆったり浸かるなど、季節やライフスタイルに合わせた使い分けもできるので、シャワールームはとても便利です。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop