築30年戸建物件のリフォーム箇所

奈良にも古い戸建物件が多数あります!
古い戸建物件を購入して奈良に移住したい、奈良にお住まいの方でも古くから住んでいるお住まいをリフォームしたい。
そんな方には、大規模なリフォーム工事やリノベーション工事をおすすめします。
築30年以上の戸建物件では、必須のリフォーム箇所もたくさんあります。
築30年程度の戸建物件のリフォーム費用は約500万円です。予算が500万円もあれば一通りのリフォームが可能です。
主に、屋根や外壁の塗装や補修工事、キッチン、浴室、洗面台、給湯器などの設備の交換工事、壁紙やフローリングの張り替えなどが基本のリフォーム工事の内容となっています。
実際のリフォーム工事では、屋根や外壁部分のリフォームや経年劣化した設備の交換が優先されます。
間取りの変更や収納場所を増やすような価値を高めるリフォームをすると、予算をオーバーすることがあります。
築30年の古い家屋は、住まいの性能を改善する必要最低限のリフォームでも十分であると考えられます。
優先すべき修理箇所がわからない場合は、建築士やホームインスペクター(住宅診断士)といった専門家にホームインスペクションを依頼すると、修繕が必要な箇所がわかってきます。
必要にあわせて活用するようにしてください。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop