お子さんのピアノのための防音リフォーム

自宅にピアノレッスン室やプライベートスタジオが欲しい!
ピアノ演奏家や音楽のプロを目指すお子さんのために、防音室や部屋の防音リフォームを依頼される方が増えています。防音性能は、実際に使用したときになってその性能のよさがわかりますが、できれば実際のモデルルームを見たうえで工事を依頼されるかどうかを決めたほうがいいでしょう。
防音室の広さは、5~10帖程度です。お値段も200~300万円するものが多くなっています。
外壁遮音性能は、目的によっても違いますがD-55~D-70等級前後が主流です。
レッスン室やプライベートスタジオは、生活音よりも大きな音がします。ご近所トラブルにも発展しかねませんので、事前によく打ち合わせをしたうえでリフォーム工事を行うことが重要です。
また、予算の問題や大規模な工事ができない場合は、市販の組立式防音ボックスを部屋に置く方法もあります。広さは5帖以下となり、価格が50~300万円と広さの割にはトータルコストが高くなります。
ピアノ以外の楽器を使用する場合は、遮音性能と広さのバランスが取れた防音室、防音リフォームを行う必要があるでしょう。
防音リフォームは、大幅な値引きをすることはありませんので、激安を売りにするリフォーム業者には特に注意したほうがいいでしょう。
楽器やお住まいに合わせた防音リフォームは、施工実績のあるリフォーム業者に相談したほうがいいでしょう。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop