リフォームの失敗?トラブル回避法

自然災害が続くとリフォームトラブルも多発
地震や大雨、台風などの被害により被災された方も多く、お住まいの修理やリフォーム、耐震補強工事などを急ぐ方が増えています。
リフォームの需要が増えると、詐欺やトラブルも多発します。新たにリフォームや補修工事をお考えの方は、リフォームトラブルに巻き込まれないよう十分に注意してください。
リフォームトラブルは、悪質なリフォーム業者に引っ掛かったときによく起こります。
特に訪問販売の業者は、事業所の有無をよく確認してください。連絡がつかない会社もよくあります。
契約を無理に急がせるようなリフォーム業者も悪質です。
よく寄せられるトラブルの相談内容には、価格、技術、アフターメンテナンスの3つの事例が多いようです。
見積もりと請求額の大幅な違いや不明瞭な工事内容には要注意です。
技術や経験の不足した職人が行う工事にも注意してください。
それにより設計書通りに施工できない場合もあるからです。
アフターメンテナンスも重要です。追加工事の発生や不具合に対応しないなどの無責任なリフォーム業者も多数存在します。
リフォーム業者は、無資格でも工事ができるため、業者の数が多く、良い業者も悪い業者も存在します。気づかないうちにトラブルに巻き込まれている場合もあります。
リフォームトラブルを事前に回避できるよう、業者選びは慎重にしましょう。
実際にリフォーム工事を依頼したことがある親戚や友人知人に信用できる工務店を紹介してもらうのもトラブルに巻き込まれないための有効な方法です。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop