天井吹き抜けリフォームって本当にできる?

中古住宅の吹き抜けリフォームの注意点
吹き抜けのあるお住まいは開放感があり、屋外からの日の光を多く取れ入れられるため明るく、デザインも洗練されています。
新築住宅や注文住宅では、最初から吹き抜けのある家もありますが、中古住宅でリフォームをする場合はどのような点に注意すればいいのでしょうか?最初から天井吹き抜けで設計されたお住まいではない場合、寒さ対策や天井にある照明の交換などについても別途方法を考えておく必要があります。
奈良で天井の吹き抜けリフォームをお考えの方は、一度 当社にご相談いただければさまざまなプランをご提案いたします。
吹き抜けリフォームの注意点である、耐震性や階段の位置、冷暖房の効率性、照明やニオイの問題など、いくつかのことをクリアしていかなければなりません。
リビングは、家族が長時間過ごす大切な空間です。細心の注意を払い、耐震性や冷暖房、ニオイの問題などに詳しい施工業者に相談するようにしてください。
エアコンの位置や窓とカーテン、シーリングファンの設置、階段周りの転落防止ネットの設置など、風通しや室温の維持、安全性などにも十分に配慮したうえで、天井吹き抜けリフォームを行いましょう。
リフォームにより新しく吹き抜けを設置する場合は、4畳ほどのスペースで100万円強の費用がかかります。床を抜いたり、部屋をなくしたりしますので、設計や強度計算にかかる費用も考えておきましょう。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop