住みながらリフォームもプロにお任せ!

住みながらリフォームにも対応致します。
今お住まいになっている建物をリフォームする場合、全面リフォームになると、費用も高額ですが、工期も長くなってしまいます。工期が長くなると、どうしても仮住まいを検討しなければならなくなりますが、実際には今のお住まいに住みながらのリフォームも可能で、専門家にお任せすれば、希望に沿ったリフォーム方法で施工を行います。
住みながらリフォームするときの注意点をまとめます。
全面リフォームであっても、1部屋ずつ、階数ずつなどの順番を決めて施工するのですが、家具や荷物などは、片づけをしてまとめて別の部屋に移動させる必要があります。
2度の引っ越しの手間やトランクルームの利用を考えると多少デメリットがあっても、住みながらリフォームするほうが安くなります。
ずっと家にいる場合は、工事の進捗状況もよくわかります。補修箇所やおかしな場所があれば、すぐに補修してもらえることもあります。
しかし、一時的に水回りやエアコンが使えなくなったりします。
お子さんや高齢者がいるようなご家庭の場合は、リフォーム時期をずらすか、住みながらのリフォームは避けたほうがいいでしょう。
その他、荷物の置き場所や防犯対策もしっかりと検討したうえで、住みながらリフォームを行いましょう。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop