大仏や寺社仏閣などの観光でも安定した高い人気を誇る奈良

県外の人から見ると、奈良はほんとうにいいところ、静かで歴史や文化の薫りがする住みよい街だというイメージがあります。しかし、若者にはあまり人気がなく、田舎くさいと思う人がいるのは残念です。特に奈良に住んでいる若い人は、都会への憧れがあり、東京や大阪などの大都市の大学や専門学校へ行き、就職していきます。
そのため、若い人は県外に出ていってしまうことが少しデメリットかもしれません。
若い人がいないわけではありませんが、外国人観光客が増えていることもあって、県外から来る若い人も増えています。大阪のベッドタウンとしてのイメージがありますが、子育てや教育レベルはとても高いことで知られています。
県外に仕事を求める人が多いのは、逆にいえば奈良県内には仕事があまりないということです。奈良は観光面でのPRがうまくないと言われていましたが、最近では、外資系ホテルの誘致が始まっていますし、駅前にもホテルなどの宿泊施設が少しずつ増えています。外国人観光客向けのサービスも急ピッチで始まっており、関連産業の雇用も少しずつ改善しています。
外部PRや観光資源の有効活用がまだ不十分な奈良ですが、少しずつよくなってきており、仕事面での待遇改善が進めば、奈良出身の県外の方も、次第に奈良に帰ってくるような動きも出てくると思われます。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop