注文住宅の玄関ポーチはタイル選びも注意しよう

注文住宅は全部が自分の自由にできるところはうれしいですが、あれこれ決めなければならないことがあるので注意が必要です。注意すべきものの一つが、玄関ポーチのタイルです。玄関ポーチの床をタイルにしている方は多いですが、タイルも選ばないと住んでいく上で不便が出てしまいます。

玄関ポーチは雨の日は床がすべりやすい

玄関には屋根がついているから大丈夫と思う方もいらっしゃるでしょうが、風雨が強い日ではいくら屋根があってもポーチはひどく濡れてしまいます。雨の日は外で濡れた靴でポーチの上を歩くことになりますから、滑ってしまうかも。転んでケガをしてしまうようならば大変ですから玄関ポーチの床を選ぶときには滑らないものかどうか確かめましょう。

自分の提案したタイルは滑らないか、工務店に確認しよう

工務店の方から滑りやすいタイルを紹介することはまずないでしょう。しかし、自分で選んだタイルだったらどうでしょうか?工務店の方から、そのタイルだと滑るかもしれませんよ、というアドバイスを受けられたらよいのですが、そのまま滑りやすいタイルを貼ってしまったら住んでから後悔することになります。危険を防ぐために、自分がタイルを選んだら工務店に必ず確認してください。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop