注文住宅を建てるときにモデルハウスをどう見るか?

注文住宅を建てるときには、すぐに自分で具体的なイメージが湧く人もいるでしょうが、いろいろ希望があっても、それがはっきりした形にならないことはよくあります。そんなときに、参考にする人が多いのがモデルハウスです。モデルハウスを見れば、家の雰囲気もつかめますし、具体的な案も浮かんできますが、モデルハウスと自分が建てる家は別物ですから、モデルハウスそのままの雰囲気で捉えないよう注意が必要です。

モデルハウスを見に行ったら、どこまでが標準仕様か確認しよう

モデルハウスは夢のような世界が広がっています。あこがれのマイホームをいよいよ手に入れることができるのだと、注文住宅を建てる前から幸せな気持ちになる方も多いでしょう。しかし一つ注意しなければいけないのは、モデルハウスはオプションの仕様がたくさん加えられていることです。どこまでが標準仕様なのか知っておかないと、理想と現実の違いにがっかりさせられてしまいますよ。

自分の家の向きも考えて、窓をどこに置くか決めよう

よくわからないからと注文住宅の間取りをモデルハウスに合わせる方もいます。向きに問題がないならそれでもよいですが、モデルハウスはだいたい南向きに作られています。自分の家も同じような南向きなら良いですが、西寄り、東寄りなど違う場合は、窓の場所も変わってきますから、窓やドアの位置は自分の家の向きを考えて決めてください。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop