注文住宅を建てるときは外観の色に注意しよう

注文住宅は、自分の好みの家を建てることができるところがうれしい点です。壁はどんな色にしようか、屋根はどんな色にしようか、色によって家の雰囲気はだいぶ変わってくることもあって、あれこれ思うことはあるでしょう。もちろんある程度は自分の希望を通すことができますが、外観の色は自分の好みだけでは決められないということを覚えておいてください。

原色を使うと近所から苦情が出ることも

森のなかに注文住宅を建てるのであれば自分の自由にすることができるでしょうが、住宅街に注文住宅を建てる場合は、周りの家のことも考えなければいけません。自分は黄色を使いたい、青を使いたいなど、希望はあるかもしれませんが、まずは周りの家を見渡してみてください。周りの家と全く違う雰囲気の色にしたところで、近所から苦情が出ることもあります。周りと合わせることも大切ですよ。

外観の無難な色は茶色系

では無難な色といえば何色?と思うかもしれませんが、おすすめは茶系の色です。茶系ならば落ち着きもありますし、周りの家とも調和しやすいです。迷ったときは茶系の色にしておけば問題はありません。茶系には温かみも感じられますから、マイホームの色としてはぴったりですよ。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop