マンションのリフォーム前には届けを出すことが必要

マンションは一戸建てとは違って共同住宅です。自分の家だから勝手に何をしてもよいというわけではありません。長く住んでいればリフォームを考えることもあるでしょうが、リフォームをする前には管理事務所に所定の届けを出す必要がありますから、ぎりぎりになってから慌てて手続きをするのではなく、事前から準備しておきましょう。

分譲マンションは管理規約を確認しよう

分譲マンションを購入した際は、管理組合に届けを出して加入しますが、その際に渡されるものが管理規約です。管理規約にはマンションの住民としてどのように暮らしていくべきかのルールが定められています。その中には必ず専有部分の修繕についての条文が定められていますから、リフォームを考えたときに条文に目を通すようにしてください。

リフォームをするときに管理組合に届けを出す理由は?

規約に触れていなければ特に問題なくリフォームはできるでしょうが、管理組合のほうでは本当に共用部分に影響がないか、チェックする義務があります。自分では共用部分とは思っていない箇所が共有部分であることも多いですから、管理組合に届けを提出してチェックしてもらわなければいけません。また、管理組合に届けを出すことで管理組合側からマンションの共用部にリフォームが行われることを掲示してもらえます。そうすれば近隣の方にリフォームすることをわかってもらえますから、近隣からの苦情を防ぐことができます。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop