リフォームは何でもしたいようにできるわけではない

キッチンが使いにくいから、新しい設備を取り入れて使いやすくなるようにリフォームしたい、家族が増えたから増築して部屋数を増やしたいなど、いろいろな理由でリフォームを考える方がいらっしゃいます。けれどここで知っておいていただきたいのは、リフォームは何でもしたいようにできるわけではないということです。

建物の構造上、リフォームできない部分がある

部屋数を増やしたい、または反対に二つの部屋を一つにしたいなど、リフォームを考える方もいらっしゃるでしょう。しかし、建物の構造上、壁を壊すことができない、または壁を移動することができない場合もあります。建築についてよくわからない人は、どうして壊すことができないの?と思ってしまいますが、専門家が見ればわかりますから、間取りなどを変更したい場合は、一度専門家に見てもらう必要があります。

敷地の形や面積を考えると増築できないこともある

子供が増えたから、二世帯住宅にしたいからという理由で増築を考える方もいるでしょう。庭を少し潰して増築しようなどと考える方は多いでしょうが、必ずしも希望に合わせた増築ができるとは限りません。
敷地の形によっては制約があるために増築ができない場合もありますし、面積を考えるとちょっと増築が無理という場合もあるのです。
何もない場所=増築できるとは限りません。まずは増築が可能かどうか、専門家に相談してみましょう。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop