注文住宅を建てるときはコンセントの配置もチェックしよう

注文住宅はなんといっても自由に設計できるところがメリットです。間取りをどうするか、どこにどんな部屋を持っていくか、玄関はどこに作るか、いろいろ自由なだけに考えるところもたくさんありますが、見落としがちなのがコンセントの配置です。どこに何を置くか考えるときには、コンセントの配置も一緒に考えましょう。

コンセントの配置は家の間取りと一緒に考えよう

コンセントは、どこの部屋にもなくてはならない存在です。パソコンを置いたり、テレビを置いたり、部屋の中の配置を考えるときは、一緒にコンセントはどこに置くと使いやすいか考えるべきです。適当に配置を決めてしまうと、家電を置いたときにコンセントが遠くて届かないなどの問題が起きるかもしれません。せっかく家具の配置なども考えたのにコンセントの場所のせいで考え直しになるなんてことにならないよう、コンセントの配置には注意してください。

台所などはコンセントを多めにつけておくと使いやすい

台所などは電化製品の数がかなり多いです。一度に幾つかの電化製品を使うこともありますから、そのたびにコンセントを抜き差しするのはかなりの手間です。たいして使っていないと思っていても、思った以上に台所ではたくさんの電気を使っています。タコ足配線にならないために、台所はコンセントを多めにつけるようにしましょう。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop