リフォームの話し合いの前に用意しておきたいものとは?

リフォームを考えていて工務店に相談をしたい、そうなったときはまず工務店に連絡を取って話し合いをすることになりますが、何か用意しておくべきものがあるか悩みます。事前に用意しておかなければならないものとは何でしょうか。

相談しておきたいことはメモ書きしておこう

話し合いをする中で、必要なものは用意すればよいと考えて特に何も用意をすることなく相談の日を迎える人もいます。それでも話し合いをすることはできるのですが、希望を聞かれたときに、言いたいことがたくさん出てきたり、その逆に言うことがなくなったり、となって最終的には自分が何をどうしたいのかわからなくなってしまう方も。そうなったら相談の意味がなくなってしまいますから、相談したいことは事前にメモ書きしておきましょう。

自宅の写真や図面があると話が進みやすい

リフォームをするときはもともとある自分の家をリフォームするわけですから、現在の家の状態を知ってもらったほうが話し合いが進みやすいです。口で説明してもわからない点が多いですから、一番間違いがない方法は自宅の写真や図面があることです。実際に写真や図面を見ながらであれば具体的な話ができますから、図面が見つからなければ、とりあえず自宅をいろいろな角度から写真におさめて用意しておきましょう。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop