注文住宅を建てるときは工務店とじっくり話し合おう

注文住宅を建てるときは、自分の思い描いているイメージと工務店が考えているイメージが合っていないといけませんから、じっくり話し合うことが必要です。時間がないからと適当に済ませてしまうと、後でもう訂正できないことになる可能性もありますから、話し合いはとことんするようにしてください。

一気に全部決めても修正したいところは出てくる

話し合いがスムーズに進めばもう完璧だと思って、少ない時間で打ち合わせを終了してしまう方もいます。けれどいくら話がスムーズにいったとしても、後でよく考えてみると修正したいところは出てくるものです。話し合いが続くと、なんとなくOKを出してしまうものも多いものですから、話し合いが一段落したら、とりあえず残りは後日にすることにして、本当によいか、よく考える時間が必要です。

後で訂正したくても材料の発注が終わってしまっているかも

話し合いが済むと工務店の方では材料の発注を行います。ですから訂正したいと思って連絡を取ったときにはすでに材料の発注が終わってしまっているかも。そうなるとキャンセルして注文し直すことになるため、訂正する場合には追加料金が発生する可能性は高いです。話し合いが済めばもちろん工事の準備はスタートしてしまいますから、本当に良いか、納得するまで話し合いを終わらせないようにしましょう。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop