奈良は天災が少なく安心して暮らせる

日本は地震や台風などの被害から逃れることができません。できれば天災は避けたいですが、来るかどうかを予想することができませんから、そのときどきに自分で自分を守るしかありません。できれば天災の少ないところで暮らしたいですが、奈良ならば天災が少ないので安心して暮らせます。

奈良に古い建造物などが残っている理由とは?

奈良にははるか昔につくられた遺跡などが残っていますが、他の地域には残っていたとしてもきれいな状態で残っているところは少ないです。それなのに、奈良には歴史ある古い建造物が随分残っています。その理由を調べてみますと、奈良は天災が起こりにくい地域だからのようです。

大きな地震などで古い建物は倒れて、後に作り直したところは非常に多いです。しかし奈良にはそれほど大きな災害がないことから、歴史を物語る大事なものがまだいっぱい残っています。

奈良は大きな地震もないし台風の直撃も少ない

台風が直撃することは殆どありませんし、大きな地震は江戸時代以来ずっと来ていません。災害が少ないのならば安心して暮らすことができますから、奈良ならば安心です。

地震はそんなにしょっちゅう起きるものではありませんが、東日本大震災など大きな地震が起きた後は特に不安があります。しかし地震のない奈良ならば安心できますね。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop