注文住宅を建てるときは下手な値引きはしないことが必要

家を建てるということはかなりのお金がかかります。予算を考えて少しでも安く仕上げたいと思う方も多いでしょう。しかし、個々で気をつけなければいけないことは下手な値引きはしないことです。安くなったことは良いですが、それが後々でトラブルになったりしないように十分に注意してください。

値引きを要求したことによって起こりうるトラブルは?

少しでも何とかして値引きできないか?という形で値引きを要求しますと、トラブルになることが多いです。業社は値引きに応じたとしても、その上の方では値引きは許さないかもしれません。そうなりますと、困った業者の方は安価な資材などを使ってなんとかしようとします。その結果、頑丈な家を建てるつもりだったのに壊れやすい危険な家になってしまうかも。家は長く住むものですから、そんなトラブルは困ります。

注文住宅のうまい値引きとはどのような方法か?

値引きを成功させるためには見積もりを2社以上にお願いすることです。2社以上から見積もりを取っているということを告げれば、業者の方では自分の会社を選んでもらおうと思って、値段を下げてくるかも。もちろん、ライバル会社がいれば資材などの質を下げることもできませんから、トラブルなく値引きできるかもしれませんよ。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop