注文住宅を建てるならリビングの広さをよく考えよう

新築住宅を建てるときはもちろん家族それぞれの部屋をどうするかも慎重に考えなければいけませんが、よく考えずに決めてしまって失敗してしまいがちなのがリビングです。リビングの広さを考えるときは、なるべく余裕を持った広さにしておいたほうが安心です。

リビングが狭いとくつろげないスペースになってしまう

リビングはどこの家庭でも広めに場所をとっておきますが、どの程度まで広くするべきか迷います。このぐらいの広さがあれば十分だろうと、あまり考えずに決めてしまう方もいるでしょう。しかし、リビングは家族みんながくつろぐスペースですから、ある程度余裕がなければいけません。しかし、思った以上にリビングに置くものが多いために、結局は狭苦しくなってしまい困ったという方はかなりいます。

リビングの広さを決めるときは、縮尺図に家具を配置してみよう

リビングに何を置いている?と考えたときに、実は置いているのに抜けているものはあるものです。大きな家具のことばかり考えて広さを決めると、小さいものが思った以上に幅を取っていることも。失敗しないためには縮尺図の中に実際に家具を配置してみましょう。縮尺図の中においてみることで雰囲気がわかりますから、家具を入れてから見積もりに失敗したと気がつかないで済みます。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop