洗面所のリフォームは使いやすくなるかをよく考えよう

洗面所のリフォームをするときには、本当にリフォームすることで使いやすくなったかどうかにも注意してください。リフォームをして新しくなったところまでは嬉しいけれど、使ってみたら実はリフォームをする前よりも使いにくくなってしまったということはよくあります。そんなことにならないように、快適に使える洗面所になるよう、洗面所のリフォームは考えましょう。

収納スペースはしっかり確保すること

洗面所に置くものはけっこうたくさんの種類があります。歯ブラシやひげ剃りだけでなく、化粧品なども普段から置いている方は多いですから、収納スペースの確保はとても大事です。

収納スペースと言っても小さければものが入り切らないために意味がありません。家族が多いという方は特に収納は大事ですから、鏡の裏などにしっかりと収納スペースを確保しましょう。

洗面ボウルは使いやすい高さにあること

大人ならば特に気になりませんが、子供の場合、洗面所の洗面ボウルは使いにくい場合が多いです。洗面ボウルの高さは大体80センチ前後が良いとされています。使いやすい高さにしないと毎日の洗顔や歯磨きが億劫になるかもしれません。洗面ボウルは使いやすい高さに置くようにリフォームしてもらいましょう。

子供はすぐに大きくなるから洗面ボウルの高さが高くても大丈夫だろうと思う方もいますが、子供にとっては高すぎる洗面ボウルは使いづらいですから、子供のことも考えて設計しましょう。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop