注文住宅を建てるときは図と本物の違いに注意

注文住宅を建てるときは、だいたい図面を書いて間取りを書き込むなどしてから始めることが多いです。しかし、出来上がってから見てみると、たしかに図とは同じだけれど、思った以上に暮らしにくかったということはよくあります。図の上では完璧だと思ったものが実際に建ててもそうだとは言い切れませんので図と本物との違いにご注意ください。

図面では完璧だと思ったのに・・・

図を見ただけの段階ではとても良い注文住宅になりそうだと思っていたのに、実はそうではなかったということはよくあります。注文住宅を建てるときは、図と本物にはけっこう違いがあることを覚えておいてください。たとえば、階段が急勾配で上がるのが大変なのに図ではよくわからなかったということはよくありますから、図を見たらよく考えて、本当にそれで良いのか確認してから進めましょう。

建築中はしょっちゅうチェックに行く必要あり

図面通りに造ってもらっているから大丈夫だと思って、特にチェックせずに終わらせる方は多いです。しかし後で図面を見たときに、建築前に考えた家とは全く違う家になってしまったらどうでしょうか。出来上がってからでは直すのも大変ですから、建築中はしょっちゅうチェックをするために現場に行くようにしましょう。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop