注文住宅の部屋の広さは家具の配置など考えて決めよう

注文住宅を建てる場合は、部屋の間取りや広さなどを自分の好みに合わせて変えることができるところが魅力ですが、よく考えずに部屋の広さを設定すると、後で失敗した!となることはよくあります。注文住宅が出来上がってしまってから失敗したとなってももう遅いですから、注文住宅で部屋の広さを決めるときは慎重に行ってください。

家具や家電などを図面上において考えよう

だいたいこのぐらいの広さがあれば大丈夫だろうと部屋の広さを適当に決めると、いざ家具や家電を入れてみて入らないことはよくあります。予定したものが予定の部屋に入らないのは困りますよね。家ができあがってから家具を買い直すことなどできません。失敗しないためには、図面上に家具や家電を書き込むことがおすすめです。

広すぎても不便なことはある

部屋は広くすれば、物も入るから安心と考える方もいるでしょう。しかしいくら広くするといっても限界があるでしょうし、部屋を広くしたために廊下など他の部分が狭くなることがあります。廊下が狭いと圧迫感があって住みにくかったり、広すぎるためになんだか落ち着かない部屋になることも。部屋の広さについては、狭いのはもちろん困りますが、広すぎるのも良くないので、ちょうどよい広さになるように調整して考えましょう。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop