キッチンのリフォームをするときは収納を考えよう

キッチンで使うものはたくさんあります。調理家電に調理器具に調味料、そしてお皿やコップ・・・置き場所がなくていつも外に出してしまっているという方も多いのでは?外に出しておくのは嫌だから、すべてを片付けられるよう、リフォームするときは収納を増やす方は多いです。でも、収納を増やすときは、ただ収納場所があればよいというわけではないので、使いやすさなどをよく考えましょう。

高いところの収納はけっこう使いにくいためあまり必要ないかも

いくら収納を増やしたいからと言って、天井近くの高い場所に奥が深い収納を用意しても意味がありません。高い場所に置いたものは取りにくいですし、奥が深ければさらに大変なことになります。殆ど使わないものは高いところに収納しても良いですが、あまり深すぎる収納は作らないことをおすすめします。

広い収納を用意する前にものを片付けるところから始めよう

収納場所を大きくすればその分だけ入れることができるものが増えます。でも、そんなことを繰り返していると、またはすぐ収納がいっぱいになってしまって入れることができなくなるだけです。収納がいっぱいになるたびにリフォームなんてできませんから、リフォームする前に一度、物を片付けて、いらないものは処分するようにしてください。必要なものだけ整理して、いつも使うものとあまり使わないものに分けて片付けると、きれいに片付きますよ。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop