リフォームするなら浴室暖房をつけよう

冬になると気温が下がりますから、浴室はかなり冷えます。お風呂に入るまでは寒いからとなかなか入りたがらない人も多いですし、一度湯船に入ると今度は出たくなくなります。冬でも快適にお風呂に入るためには浴室暖房がついていることがおすすめです。家に浴室暖房が付いていない方は、リフォームする時に浴室暖房を付けてはいかがでしょうか。

浴室暖房があれば浴室の事故も少なくなる

冬になると起こる浴室の事故がヒートショックです。お風呂場自体は寒いですが湯船に入っていると暖かいですよね。湯船の中とお風呂場は、冬の時期にかなりの温度差が生まれます。暖かいところから急に寒くなると、心臓がドキッとするだけでなく血圧や脈拍が上昇するために、高齢者はひどい場合は死亡事故になることもあります。しかし、浴室暖房があれば温度差がなくなるため安心です。

浴室乾燥に暖房機能が付いたものをつけることがおすすめ

リフォームする時におすすめなのが、暖房機能が付いた浴室乾燥をつけることです。雨の日の洗濯物はたまって大変です。そんな時に浴室乾燥がついていれば浴室で洗濯物を乾かすことができて非常に便利ですし、浴室乾燥がついていればお風呂場がジメジメしてカビが生える状態を防ぐことも可能です。そこにさらに暖房機能がついていればヒートショックも防げて良いことばかりですよ。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop