新築住宅は段差を少なくすることが大切

外から中に入る時は、玄関の扉を開けて土間で靴を脱いで家の中に入ります。以前の日本の家屋の形は、土間の高さがけっこうあるために、高齢者などは玄関に上がることが大変でした。しかし、今の主流はフラットです。新築住宅を建てる時は多くの方が玄関をフラットにすることを考えています。

玄関の段差が大きいと車椅子などで入ることができない

家を購入する頃はみんな若くて誰も健康上の問題もなかったため気が付かないかもしれませんが、玄関の段差は高齢者になるとかなり辛いものになります。特に車椅子の場合は、段差が少し高いだけで中に入るのに苦労してしまいます。玄関の段差をなくすためにステップになる台を置くこともできますが、台は不安定ですから何も置かなくても段差がないことが一番です。

玄関だけでなく廊下から部屋に入る時の段差もなくすことがおすすめ

廊下から部屋に上がる際にも段差がついている家は多いです。玄関ほど大きな段差ではないのですが、このちょっとした段差もけっこう危険が多いのです。小さな段差なだけに躓いて転んでしまうことも多いでしょう。小さな子供や高齢者は転びやすいですから、段差がある家では安全とはいえません。廊下と部屋の境目の段差もないよう、バリアフリーを意識しましょう。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop