玄関のリフォームは収納を大きく

玄関には靴を置いたり、傘を置いたり、または掃除用具を置いたりと、置くものはかなり多いです。それなのに収納が少ないと玄関にそのまま物を置きっぱなしにして玄関を狭くしてしまうことに。玄関が狭いと息苦しく感じてしまいますから、人に見られても恥ずかしくないようすっきり片付けることが必要です。そのためにはまず収納を大きくしましょう。

天井までの高さの棚を置けば空間利用はバッチリ

棚を作る時に考えるのが一体どのぐらいの高さの棚を用意したらよいかですが、おすすめなのは天井までの高さのものです。棚の上に何か置きたい方もいらっしゃるでしょうが、棚の高さが中途半端では上に何も置けないどころか、収納スペースまで少なくしてしまいます。上手に空間利用ができるよう、棚の高さは思い切って天井までのものにしましょう。

すぐ使うものは出し、見られたくないものはしまうことを考えよう

棚の中にはいろいろなものを置きますが、きちんと整理されていないと必要なものをすぐに取り出すことができないので気をつけてください。傘などは外を見て雨が降っていることに気がついた時にすぐ取り出せるなどの理由から外に出ていてもよいのですが、掃除用具などは外に出ているとだらしなく見えます。見られたくないものはしまっておけるよう、棚を作る時は大きさなどをよく考えてください。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop