キッチンのリフォームはカウンターの高さに注意

キッチンのリフォームをする時に、カウンターキッチンにしたい、または収納スペースを増やしたいなど、それぞれ望むことはたくさんあります。それ以外にもう一つ検討していただきたいのがカウンターの高さです。カウンターがちょうどよい高さですと、包丁を使う時などに楽なのですが、高さが合わなければ使いづらいだけでなく腰を痛める危険もあります。リフォームするならば、自分にピッタリの高さになるよう、リフォーム会社に相談してください。

カウンターの高さの基準は?

カウンターの高さの基準は身長(cm)/2+5~10(cm)という計算式があります。身長の高さによってちょうど使いやすいカウンターの高さを計算するようにしましょう。既製品のシステムキッチンの場合の高さは、80cm、85cm、そして90cmという3種類が基準ですから、計算式で出た答えに最も近い高さを選択してください。

手元を見られたくないからとカウンターを高くしすぎてはだめ

対面式キッチンなどは特に、キッチンの外からでもよく見えてしまいます。ちょっと覗き込んだだけで何をしているかがすぐにわかるでしょう。そのため、多くの人が手元を見られたくないという理由からカウンターを高くしています。けれど、無理に高くすれば、包丁を使う時などに危険ですので、ちょうどよい高さに調整するようにしましょう。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop