新築住宅を建てるなら気をつけたいご近所トラブル

新居を構えて新しい生活を始めるに当たって、ご近所づきあいは大切なことです。新築住宅を建てる時は工事を行いますから、近所の方にはうるさいかも。音を立てたくて立てているわけではないのですが、騒音問題は後まで尾を引くことが多いですから、ご近所トラブルを防ぐために出来るだけの対策を考えることが必要です。

事前に必要なあいさつ回り

引っ越しが終わってから近所に挨拶に回ればいいと思っている方も多いですが、工事前に挨拶があるかどうかで近所の反応はずいぶん変わってきます。同じようにうるさい音がしたとしても、一言挨拶があれば許そうという気持ちになります。けれど挨拶もない状態で工事が始まると、必要以上にイライラしてクレームをぶつけられることも。新築住宅の挨拶回りは地鎮祭が終わってから着工前にすませておきましょう。

挨拶回りの粗品には実用品が一番

新築住宅の挨拶回りをする時はちょっとしたものを粗品として持っていきますが、無難なものはタオルや石鹸など実用的な消耗品です。食品もうれしいですが、消費期限の短いものですと、持て余してしまう方もいます。あまり高いものも恐縮されてしまいますが安いものもいけません。せいぜい500円から1000円程度のものを用意しましょう。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop