リフォームをうまく進めるために必要なことは?

リフォームをする場合、業者とプランニングをすることはとても大事なことです。業者と自分の思っているイメージが違うと、希望するものとは違うものが出来上がってしまいます。後になって「話が違う」ともめることにならないよう、リフォームのプランニングに必要なことについてお話します。

プランニングとは何?

リフォームは設計図で表されますが、設計図の書き方がわからない素人が見てもよくわからないものが多いです。平面図から立体的な家の中の状態を想像することは難しいですから、プランニングのときには設計図を立体画像にして説明してもらいましょう。収納の広さなどは平面図で見てもイメージがつかみにくいですから、特に立体的に見せてもらうことが必要です。

リフォームのイメージを伝えるために必要なことは?

言葉で「ああやってほしい、こうやってほしい」と頼んでも、業者に100%要望が伝わるかどうかは難しいところです。お互いに違うイメージを持っていると大変ですから、もし具体的な希望があるならば、希望に合うイメージが出ていた画像を雑誌から切り抜くなどして、ファイルをしておき、業者に見せるようにしましょう。具体的なイメージがあれば、お互いに思うことがブレる心配もありませんし、よりイメージを膨らませやすいです。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop