リフォーム会社に上手に希望を伝えるには

どのようなリフォームを考えているのか、リフォームをする前にはリフォーム業者と話し合うことが必要ですが、その時に希望がしっかり伝わっていないと後で問題になってしまうことがあります。リフォームをしてもらったけれど、結果を見たら希望していたものは全く違うものになってしまった、とはならないように、リフォーム会社に上手に希望を伝えることを考えましょう。

希望はできるだけ具体的に伝えよう

自分の頭のなかではどの部分をどのようにリフォームしたいという考えがあったとしても、そのイメージをリフォーム会社に伝えることは難しいです。あいまいな言い方ですと、お互いの考え方にずれが出てしまいますから、希望は具体的に伝えることが必要です。あまり希望を言い過ぎては嫌な顔をされるのではと心配する方もいますが、後で揉めるよりは遠慮なく希望を伝えるようにしてください。

雑誌やカタログの切り抜きがあるとわかりやすい

リフォームのイメージは雑誌やカタログを見たときに湧いてきたという方は多いです。切り抜きは具体的なイメージが伝わりますから、あると非常に便利です。話し合いの際に、カタログを指しながらこの床の色よりも少し薄めにしてほしいなど、説明もしやすくなりますし、リフォーム会社の方も希望に合うものを用意することができます。参考になる雑誌の切り抜きなどがあったら、忘れないうちに切り取っておきましょう。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop