マンションのリフォームはどこまでできるか?

一軒家ならばリフォームも自分の好きなようにすることができます。でも、マンションは共用の建物ですからリフォームにも限界があります。日当たりや使いやすさなどを考えて玄関の位置や窓の位置を変えたいと思っても、それは許されません。どの部分までどのぐらいのリフォームが可能なのか、マンションリフォームを考える場合は、注意することが必要です。

マンションの構造に穴を開けることはできない

マンションはコンクリートで区分けされています。そのコンクリート部分は共有の場所となりますから、リフォームの時に穴を開けるなどの行為は許されません。マンションでリフォームすることができるのは、床や間仕切りの壁、玄関ドアの交換など、個々の家庭が専有している部分のみとなります。それ以外にも独自の規約が設けられているマンションもありますから、リフォームしたいと思った時は、一度マンションの管理規約を確認し、分からない部分は管理事務所に聞いてください。

マンションのリフォームは実績ある工務店に頼むことが一番

マンションのリフォームを手掛けたことのある施工会社ならば、マンションのリフォームがどの程度までできるのかなどが経験からわかっています。制約が多いマンションでもどのぐらいのリフォームが可能なのか、工務店にリフォームをお願いする時は施工事例などを見せてもらって判断しましょう。

 

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop