照明の種類

注文住宅・リフォームの際には、各部屋ごとに照明プランを立てましょう。
特徴や種類が様々な照明は、使用シーンによって適切に選ぶことで過ごしやすさが違います。
インテリアとしても部屋の雰囲気をがらっと変えることが出来ますし、
作業効率や安全面にも関わるという一面もあります。
快適な家づくりに欠かせない照明プラン、じっくりと考えて行きましょう。

注文住宅やリフォームの場合は、配線工事に入る前段階で 照明の配置を決定しなければいけません。
間取りが決まれば、各部屋の採光量や用途に応じた照明プランを検討していきます。
照明には全体照明と部分照明とに分かれます。
近年では全体照明に部分照明を効果的にプラスするプランが多くなっています。
部分照明をインテリアとして取り入れ、陰影を楽しむ欧米スタイルも人気です。

■全体照明
部屋全体を照らす照明。

・シーリングライト
天井に直付けする照明で高い位置から均一に部屋全体を照らすことができるので、
一般的に多く普及しています。

・シャンデリア
吊り下げタイプと直付けタイプがあり、装飾が華やかな主照明です。
リビングや吹き抜けなどに使用されます。

・ダウンライト
天井に埋め込むタイプで、複数を取付けると主照明として十分な明るさが確保できます。
低い天井におすすめで、空間がスッキリと見えます。

・ペンダントライト
天井から吊り下げるタイプの照明。
シェードは様々なデザインがありインテリアのポイントとなります。
ダイニングテーブルの上に配置するのが一般的です。
吊り下げの長さはテーブルの大きさや位置で調節しましょう。

■部分照明
明かりが欲しい場所を部分的に照らす照明。

・スポットライト
一定の方向を照らすことが出来る照明器具で、方向を自由に変える事が出来ます。
壁の絵画やニッチの飾りを照らしたり、キッチンの手元などにも。
壁面を直接照らし、奥行きや雰囲気をアップさせる使い方もあります。

・ブラケット
壁面に直接取付けるタイプ。
壁面を明るく照らすことで部屋に奥行きが生まれます。
陰影を楽しむ雰囲気アップとしての使い方もあり、欧米の住宅によく見られます。

・フットライト
フットライトは、夜間足下を照らすのに便利で、安全面も高まります。
寝室や廊下に採用されることが多く、 低い位置を照らすことで空間に落ち着きが生まれます。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop